世界にひとつのデザインアイテムを作ろう

オリジナルプリントに関する情報が満載!

キャンバス素材にプリント

キャンバス素材にプリント オリジナルプリントはキャンバス素材にも十分、行う事が出来ます。
オリジナルプリントの定番アイテムと言えば、綿素材のアパレルアイテムです。
かつては印刷技術の関係で、オリジナルプリントが出来る素材が限られていたため、Tシャツやエコバッグなどの素材が主でした。
ところが現代では安価な費用で、キャンバス素材にも高品質な印刷が可能となり、ノベルティグッズ制作や自作二次絵グッズ制作の幅が広がっています。
オリジナルプリントの依頼方法は一般的な綿素材のアパレルアイテムを制作する際と基本的に、同じです。印刷データ制作に適したデザインソフトやペイントソフトで、高解像度の画像を作成します。
データ入稿に対応する専門会社が近年では多数派ですので、自宅もしくは職場から素早く入稿を済ませられます。専門会社が推奨するデータ形式と解像度、そしてサイズはなるべく厳守するのがセオリーです。
そうすることで、高品質なグッズ制作が出来ますし、データ手直しに掛かる過程が減るので、コストや納期が膨らむ事を避けられます。

オリジナルプリントができる機械ってどんなもの

オリジナルプリントができる機械ってどんなもの オリジナルプリントを作る際の機械は一般的な印刷機と仕組みは同じものが使われます。ただしこれはあくまでも仕組みというだけで、家庭用のプリンターよりも性能が高いものがないできません。
家庭用印刷機の中には自作Tシャツが作れるというものもありますが、これはアイロンプリントシートというシールのようなものを印刷してTシャツに熱で転写させるものになります。
本格的にTシャツ本体にオリジナルプリントをするのであれば布に印刷できるプリンターが必要です。これは小規模なものでも本体価格が100万円以上するのが一般的で、月30枚から50枚以上印刷するような企業向けの物になります。
もし大規模な印刷をしたいとなると億単位の専門的なプリンターを用意する必要があるわけです。そのうえこれはTシャツに限った話でそのほかの物、プラスチックキーホルダーや陶器のコップなどになれば別のプリンターが必要になってくることもあります。
ですから専門の企業でも会社によって対応できない商品があったりするわけです。